診察してもらおう | 通販で買えるカルドメックを使用し、愛犬をフィラリアから守ろう
形の違う二種類の薬

診察してもらおう

通販でカルドメックを購入し、自宅でフィラリア症の予防を行おう際には知っておくべきことや行う必要のあることが幾つか有ります。
その中でも特に知っておくべきこととして、投薬前に獣医による診察を受ける必要がある、というものが有ります。
薬がもう手元にあるのにどうしてわざわざ診察を受ける必要があるのだろうか、というふうに思う人もいると思いますが、その理由としてカルドメックのようなフィラリア予防薬の作用メカニズムが関係しています。

カルドメックのようなフィラリア症を予防する医薬品というのは、身体の中に吸収されることによって血液中に薬の成分が行き渡ります。
そして、それらの成分が混ざった血液をフィラリア症の原因となる寄生虫が吸うことによって、寄生虫が駆除され、フィラリア症の発症を予防することができます。
このような作用の仕方をするため、もし既にフィラリアが血管内部で巣食っている状態で予防薬を服用してしまうと、血管内にいるフィラリアが一斉に駆除され、その死骸が心臓や肺などの太い血管を詰まらせ、ペットが命を落としてしまう可能性があるのです。

このような事態を回避するためにも、フィラリア症の予防薬を自宅で使用する際には必ず1度は獣医による診察を受け、フィラリア症を発症してしまっているかどうかを調べて貰う必要があるのです。
この手間を惜しむかどうかでペットが命を落とすかどうかも変わると言って過言ではないため、投薬前には1度は診察を受けるようにしましょう。
そして、もし既にフィラリア症を発症してしまっているのであれば、カルドメックを投薬せずに、別の治療を病院で行ってもらうようにしましょう。